PIXTA

PIXTAで最初に気になる数字

まずはPIXTAのサイトのTOPページ。

現在はこんな感じです。

たくさんのひまわりが、元気よく咲いています。
もうすぐするとこのような光景を見る事ができますね。

で、このPIXTAのサイトの下の方へ行くと
次のような画面に

この赤枠で囲っている数字に注目!!

素材点数が24,717,153点
クリエイター数が229,353人

素材点数めちゃくちゃ多いですね。これだけあれば求めている写真も見つかりそうです。
ただ、これはお客様目線からすると大変良いことなのですが、販売者側からすると・・・

ですよね。

次にクリエイター数。
単純に販売者側からすると、ライバル数です。
その中にはプロのカメラマンだってたくさん居てるはず。

さて、どーします?

販売してみてもこれだけたくさんの写真に、たくさんのクリエーター。
どーせ埋もれてしまって、売れないに決まってる。
ましてや、趣味のカメラだし・・・って諦めちゃいます?

それとも、地道にいろいろ勉強しながらでもやってみます?

やるも、やらぬも自由です。
自由に選択できますよ~。

これがどこかの会社に入って、仕事の一部だったとすれば嫌でもやらなければいけないし、
嫌々ながらにも続けれますよね。
会社という事は自身の生活にも関わることですから、パッと辞めちゃえば収入源も無くなるわけですし。

自由だからこそ、好きなときに辞めちゃう事も出来るし、辞めても誰からも何も言われません。
自由だからこそ、簡単ではなく難しいのです。
自由だからこそ、モチベーションの維持が大変。

そう、このモチベーションなんですよね。

PIXTAでの販売を始めようかなと思っている人のほとんどが、収入を得たいからですよね。

一番の目的は収入を得たいからなんです。

で、すぐに辞めちゃうかも、やっても放置ぎみになっちゃう人の特徴は
すぐに結果を得たい人なんです。

このようなビジネスはあわてちゃダメなんです。

もちろん良い写真(クオリティの高い写真、需要の的を射た写真)を販売できるに越した事はないですが、蓄積型なので根気よく写真を投稿していく事が大事だと思います。

まずは、0から1を生み出すまでは絶対に諦めない!!
という心構えで!!

このように言いますと、なんだか初めからしんどい感じがしますが、
あくまでも趣味レベルでやっていた写真撮影を、趣味として続けて行くだけです。

お休みの時や時間のある時に、写真撮影を行ってその都度投稿しておけば良いのです。

【継続】←これ大事!!

まだまだスタート地点です。
自分自身もどのような結果に繋がるのかは、全く不明ではありますが、
とりあえずやっていきます。

ではでは

-PIXTA

© 2020 ゆるカメ散歩 Powered by AFFINGER5