infrared photo

IR撮影で使用するレンズ

はい、イチです。

今日はIR撮影(赤外線撮影)で使用するレンズについてです。

僕が始めて使ったレンズはAPS-Cのカメラに標準の18-55mmです。
特に明るいレンズでもなくkitレンズ並みのレンズです。

はっきり言ってこれで十分な気はしますね。
IR撮影ではあまり広角側を使うことが少ないんです。※今の僕の場合ですが

なぜかと言いますと、広角ですとスノー効果がいまいちわかりにくいんですね。
ぼんやりと遠くに白いのが・・くらいで。

どうせやるなら超広角くらいがいいのかな~なんて思いますが、まだそのレンズを
使ってでの撮影はやったっことが無いので・・・

標準ほどの距離感で撮影すると、これがまたわかりやすく良い写真が撮れちゃいます。
葉っぱが真っ白、川が真っ黒とか。
何がどのようにスノー効果により変化しているのかがわかりやすいんですよね。

ただ、やっぱりレンズに飽きちゃうもので、違ったレンズで試したい!!
カメラマンあるあるですが、僕の場合フルサイズでの撮影が主なので、改造しているカメラ用の
レンズは1本しかないのです。フルサイズ用のも使えますが、望遠側のみですね。

超広角で撮りたいなら、APS-C対応のレンズを新たに購入するか、もしくはフルサイズ一眼を改造してしまうかです。

出来るなら後者の方を選択したいです。
新たにいろいろとレンズを揃えなくて済むのでね。

今年も標準レンズのみでの撮影になりそうな予感がします。
IR撮影に限っては。

ではでは

-infrared photo

© 2020 ゆるカメ散歩 Powered by AFFINGER5