今年3ヶ所目の花火撮影 丹波ひかみ 愛宕祭

はい イチです。

お盆が過ぎたとゆーに、なんだか一段と暑くなっている
気がしますね^^;

そんな中、今回は兵庫県のふるさと丹波ひかみの夏まつり「愛宕祭」
行って着ました。

もちろん花火の撮影が目的です。

ここでの花火ですが、先週末に行きました「猪名川花火大会」と比較すると
以下の様な感じです。

猪名川花火大会

・打ち上げ数 約4000発

・来客数 約12万人

・打ち上げ時間  60分

ふるさと丹波ひかみの夏まつり「愛宕祭」

・打ち上げ数   約4000発

・来客数   約4万人

・打ち上げ時間  40分

打ち上げ数に関しては約4000発と同じですが、来客数と打ち上げ時間に
差が出てますね。

約4000発と同じ規模であるなら、観覧しやすいのは当然来客数の少ない愛宕祭
方でしょう。撮影に関しても同じです。

次に打ち上げ時間ですが、20分の差があります。
より迫力のあるものを見るなら、少ない時間でより多くの花火が打ち上がる愛宕祭
方ですね。

あとはアクセスですね。
今回も車で行ったのですが、心配なのが駐車場です。

愛宕祭のHPには3000台程駐車できる無料の駐車場が準備されているみたいだった
ので、これは大きなメリットですよね。

でも、行ったことが無かった花火大会だったので、駐車場の空き具合もわかりません
ので開催される1時間30分前に到着してました。

何故1時間30分前かといいますと、これはただ単に昼間は用事でもっと早い時間には向かう
事が出来なかったからです^^;

あとは、花火大会周辺の交通規制が18時~始まってしまうので、行ったは良いがそれによって駐車できなかったりしても最悪なので^^;

結果、18時ごろに駐車場に到着した段階では余裕で停める事ができました。
もちろん無料です。ほんとにこれはありがたい!!

ちなみに駐車したのは以下の場所です。

18時ごろの状況です。

ホントは他の駐車場を目的地にしていたのですが、車で走っているとここが先に見つかったので
早いほうが良いと思いここに駐車しました。

 

 

駐車場から今回撮影していた場所までは、のんびり歩いて約10分程だったと思います。

のどかな風景を堪能しながら向かいました。

駐車場からのんびり撮影しながら進んで行くと信号がある交差点へ出ます。

ここを渡るともうすぐに観覧場所になります。

遠くからでも撮影は出来ると思いますが、川沿いに横長に花火が打ち上がるため、ここを渡り正面方向に近い所で場所を取る方が良いと思います。

 

18時15分程の光景ですね。
この道路は歩行者専用になっていますので、道路ど真ん中でも全然見れます。

ただ人が埋っていくのは川沿いの方が先に埋まり、その後段のある歩道に座っていく感じですね。

その後、川沿いの2列目と順に埋まります。

ここをまっすぐいった先はわりと道路ど真ん中もそこそこ人が居た感じでしたが、ここに載せている写真の場所は最後まで人でいっぱいになることはありませんでした。

 

今回の撮影場所は、まずどこから打ち上がるのかどのように打ち上がるのかがわからなかったので、先にスタンバイしていた方のカメラの向きなどを参考にして決めました。

 

次はもう少し奥の方でも良いかなと思いましたね。

花火との距離ですが、猪名川花火大会の時が約1.5kmだったのに対して愛宕祭では200mと超近距離でした 笑

こんな間近で見たのは初めてです。

仕様レンズは、フルサイズ一眼で24-105mmを仕様していましたが広角側でも全て入りきらない時がしばしばありまして、17-35mmや18-35mmの超広角ズームレンズでも良かったのかな??
とも思いました。

次回この場所で撮影するなら、超広角ズームレンズで挑みたいと思います。

ほんと近くで観覧できるので迫力があります。

ここへ来る方々は、先に場所をとっておくって方ときわきわに来て観覧するって方に別れている感じがしました。

なので、今回僕が到着した時刻18時ごろは結構良かったのかなと思います。

僕の場合撮影もしたいので、観覧客の写り込みを避けたいのでね(^^)

ただ観覧するだけなら、きわきわに来ても十分とゆっくり迫力ある花火を見ることが出来ます。

今年は平日だったって事もあるんでしょうね。

これが、金曜日~日曜日だとどのような状況になるのかはわかりませんけどね。

都会で行われる花火も綺麗で迫力もあっていいですが、田舎の花火もまた違った雰囲気で十分に楽しめます。

さて40分間の花火というものは早いもんで、撮影しているとなおさらフィナーレまでが早く感じます。

次は花火大会恒例の帰宅ですね。

花火が終わった途端にみんな立ち上がり、ほとんどの人が一斉に帰宅します。

僕も同じく駐車場へ向かいます。

この愛宕祭の花火大会。
スムーズに駐車場までたどり着き、車に乗り込みます。

1分以内に駐車場から出れました。

ここの花火は帰りもスムーズ!!

これは最高ですね。

今年一発目の花火撮影、神戸の花火大会なんかはまー帰れたもんじゃない。
徒歩でもず~っと行列でしたから。
あんなに疲れる花火撮影は無いです。

猪名川花火大会も駐車場まではスムーズでしたが、駐車場出るまで30分の渋滞です。

それに比べて愛宕祭りは、最初から最後まで快適に過ごす事が出来ました。

来年度は間違いなくリピートすることでしょう。

良い花火大会でした。

そんな感じです。

ではでは(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です