写真入門編

写真やるならこの3つの事を理解しておこう

写真を撮っていく上で理解しておくと、とってもお役に立つ3つの事。

それは、カメラの設定にある【ISO】【シャッタースピード】【絞り(F値)】の3つの関係です。

・ISO

ISOの設定は100~12800の間で設定できる機種が多いです。
設定数値を上げれば上げるほど暗い所でも明るく撮影することが出来ます。

が、数値が高い分ノイズが増えてしまい、写真の仕上がりがザラザラになってしまいます。

なので、この数値はなるべく低く設定しておく方が良いですね。

 

・シャッタースピード

シャッタースピードは僕のメイン機である、canon eos mk3 の場合だと、1/8000~30秒の間で
設定が可能です。あとはバルブ撮影(シャッターボタンを押している間だけ露光される機能)ですね。

このシャッタースピードは、速ければ速いほど水しぶきの動きや、鳥や飛行機などの動きを止めた写真を撮ることが可能です。
あとはシャッタースピードが速いぶん、手持ち撮影でもブレにくいというメリットがあります。
その反面、光を取り入れる時間が短くなるので明るい場所で撮影する必要があります。

シャッタースピードが遅いと手ブレを起こしやすくなりますが、
暗い所でも光を取り入れる時間が長くなりますので、夜景などの撮影が可能になります。
この場合、手ブレを起こさないようにするため三脚の使用は必須になります。

あとは、滝や川の流れを撮影したい時や、花火を撮影したい時、
街の撮影なんかで歩く人々を消したい時は、シャッタースピードを遅くして、
撮影する方法もあります。この場合も三脚は必須
です。

 

・絞り(F値)

絞り(F値)は、レンズによって設定値が異なってくるのですが、
「1、1.4、2、2.8、4、5.6、8、11、16、18、20、22」という様な数値が代表的です。

この数値は小さければ小さい程、明るく撮影することができ、背景ボケも大きくなります。
逆に大きいと暗くなり、背景ボケは小さくなります。

ポートレート撮影などで、被写体を浮かして取りたい場合などはこの数値を小さい数値にし、
風景などの撮影で、手前から奥の方までなるべくクッキリ写したい時は高めに設定しておきます。

※奥までピンを合わせたいからといってF値を最高値などにしてしまうと、
回折現象というのがおこり、写真がボケたように見えるので注意。

 

・ISO ・シャッタースピード ・絞り(F値)の関係

この3つの数値の関係性ですが、例えばイルミネーションを綺麗に取りたい場合。

まずノイズをできるだけ避けたいので、ISOは設定できる最小値に設定します。
あとは、シャッタースピードとF値ですね。
ここでは風景ということで手前から奥までクッキリさせたいので、F値を9としましょう。

2つの設定を行ったので、あとはシャッタースピードの設定のみです。
上記のISO、F値の設定だと夜の撮影ですから当然暗い設定値になります。
明るくするには、シャッタースピードを遅くするしかないので、三脚を使い
理想の明るさになるまで、シャッタースピードを調整して撮影を行います。

このように、3つの設定値により何かの設定値を下げれば何かを上げる必要があり、
何かを上げれば、何かを下げる必要が出てきます。

この3つの関係は是非覚えておきたいですね。



-写真入門編

© 2020 ゆるカメ散歩 Powered by AFFINGER5