写真入門編

初心者はまずこれを覚えておこう【三分割構図】

今やスマホでもお手軽に写真を楽しめる時代です。
でも、いまいち思っているような写真が撮れないって方多いですよね。
とりあえず、これだけ覚えておきましょう!

超万能構図の【三分割構図】!!

三分割構図とは、写真の縦横をそれぞれを三分割し、
その交点や線にメインとなる被写体を配置する構図です。

例1)

この場合でしたら、たんぽぽの綿毛を撮影したのですが、
綿毛に乗っかっている水玉を見せたかったので、その水玉を
交点に置きました。

ピンポイントで交点の上に置いているわけではないですが、
だいたいで構いません。

 

次、ちょっと投稿日とは時期外れですが^^;
昨年のクリスマス時期に撮影したスノーマンです。

例2)

これはスノーマンを見せたかったので、
まず、スノーマンを三分割した線の上に配置しました。
さらに、スノーマンの顔を見せたいと思ったので、顔を交点に置いた写真になります

 

次は縦の写真です。
縦の写真でも同じく【三分割構図】は超万能です。

例3)

これもブルーに光るイルミネーションを見せたかったので、
三分割した線の上に配置しました。
この写真の場合は交点に関しては、それほど意識していなくて
イルミネーションの大きさにより、写真内に収まるようにってのを意識して
撮影を行った感じです。

写真を撮り始めて間もない方の写真を見ると、
見せたい被写体が、ど真ん中(日の丸構図)になっている方が多いのですが、
このように三分割を意識することで、簡単にバランスの良い写真を撮る事が出来ます。

日の丸構図も場合によっては、そのように撮影する事もありますが、
まずは、この三分割構図を覚えておきたい撮影方法です。



-写真入門編

© 2020 ゆるカメ散歩 Powered by AFFINGER5